Home > 講演/セミナー

2013/6/15 「スタッフの本当の力を発揮させる、話しの聞き方」開催しました。

6/15に、リーダーのためのコミュニケーション勉強会を開催しました。

今年は、「明日会社に行くのが楽しみになるチームを作る」と題して、1年間のプログラムを継続しています。
今回は、その第2回目です。

話しを聞くというのは、努力しなくても「聞こえて来る」部分があるので、難しい事ではないように感じる方がいらっしゃいます。
リーダーという立場にいらっしゃる方が、「聞き方」を変える事で、話し手の方にどのような影響が生じるのか体験を通じて学んで頂きました。

リーダーのためのコミュニケーション勉強会

あっという間の3時間だった!

今回のセミナーは、参加者の猛烈なアウトプットの流れが生まれ、それによって学びが進められて行く様なセミナーとなりました。

「聞く」という非常に基本的で、そして最も大切な要素を、どう理解して頂くか・・・。

パートナーの金井コーチと、今回は随分長い時間を割いて、ワークの構成をデザインしましたが、その甲斐があったと感じたのは、参加者の方から

「本当にあっという間の3時間だった!」
「今は、得たい情報を得る事はいくらでもできるようになった。しかし、それだけではどうしても理解できないものがある。今日のセミナーもそういう意味で参加した価値がある」

という声が上がった瞬間でした。

誰のために聞いているのか?

IMG_1507

最後のふりかえりで、「これからは相手を尊重して、相手のために話しを聴くようにしたい」とおっしゃった方もいらっしゃいました。

自分が情報を得るために聞く聞き方も、もちろんアリですが、今は誰のために聴くシーンなのか・・そんな意識が働くと、相手の話す内容が変わってくることが、参加者全員に共有されたことから出て来た言葉です。
これが私達講師が教えるのではなく、参加者の学びとして語られたことが何より嬉しかったです。

リーダーのためのコミュニケーション勉強会

次回は、「セクション3 スタッフが行動地図を手に入れる質問をする」です。

自分のチームを変えたい、リーダーとしてのあり方を手に入れたい・・そんな方は是非ご参加下さい。

=======================
日時:9月7日(土)13:30~16:30
場所:東京下北沢 the Association
=======================

お申し込みフォームは、後ほど作成しますが、現時点で参加をご希望される方は、Facebookの下記イベント

https://www.facebook.com/events/340156336094544/

または、お問い合わせフォームからご登録下さい。


リーダーの本当の役割って・・

こんにちは。吉田裕美子です。

日本システムアドミニストレータ連絡会(JSDG)という団体があります。
私もその会員です。

役員をやらせて頂いたり、今年は年に1回行う、研修会の検事長をさせて頂きました。

どんな活動をしている団体か・・は、上述のホームページをご覧頂く事として、2月6日に開催したこの研修会について、振り返ってみたいと思います。

JSDG研修会

成功要因はなに?

手前味噌で恐縮なのですが、今回の研修会は、内外ともに満足度が高く、「成功だった」とみなさんが言って下さる結果を出す事が出来ました。

具体的に言うと、例年の数字を大きく上回るJSDG外からの参加者(全体の半数以上(31名))を集め、集まった方々の非常に高い満足度を得る事ができ、そして、幹事団も楽しんだ・・ということなのです。

 

最初にお断りしておきますが、JSDG外の一般参加者が多かったのは、他の団体さんのサポートや告知があってのこと。
参加者の満足度が高かった第一の要因は、もちろん講師をお願いしたグローバルオプティマムの飛田氏の力量で、その他に、会場をご提供下さった日本オラクルさんの想定以上の親身な対応、幹事団メンバーのそれぞれの強みを活かした主体的な行動、幹事団ではないJSDGメンバーからの主体的な参加による研修会当日のファシリテーション・・。

これら全ての要因が有機的に繋がったおかげで、研修会は大きな成功を収める事が出来たのです。

 

ところで、私は、「幹事長」でしたが、私が出した具体的なアウトプットは、正直あまりありません。しかし結果が素晴らしかった。
そして、私自身も猛烈に楽しかった。

「何がこの結果を導いたのか?」

幹事団の反省会でも、何度もその声が上がりました。

人は集まった。仕事を割り振った。その次は?

人が集まって組織だって何かをする。
そのとき、大切なことは何か・・を考えると、今回の成功の要因を導き出す事ができると思います。

さあ、それは何だったのでしょう?





人が集まって、指示をすれば滞り無く進むのであれば、問題ありませんが、「人」というのはとても高度なことを行う事ができるが故に、予想外のことが起きがちです。その上、外部要因も絡んできますし、高度であるはずの人もミスをおかします。
そんな状況下で、人の持つ力を活かしながら先に進んで行くためには、そのプロセスをうまく回す人が必要です。プロセスを回すために必要な事は、大きく分けると3つあります。

その1:コミュニケーション

1つは何と言ってもコミュニケーション。
人と人とが関わり合う場に、コミュニケーションの不全があっては、物事がうまく流れて行きません。
ちなみに、「情報を伝える」「タスクを割り振る」というのは、コミュニケーションのごくごく一部であって、ここで言うコミュニケーションは、人と人とのインタラクション全てを指しています。

その2:決断力

もう1つは、リーダーの決断力です。
プロジェクトの遅れの多くの要因が、決断の遅れによるものが多いもの。
考え無しに決断してはならないシーンは多いと思いますが、ズルズルと先延ばししたり、逆にコロコロと方針替えすること、物事の流れをつまらせてしまいます。

決断する。

そのための知識と経験が十分であることは望ましい形ではありますが、もう一方でそうそう、何でもかんでも知っている、経験済みなんて状況はありはしません。そこで必要となってくるのは、メンバーの集合知や、その他ネット上の情報なども含めて、不足を補う情報を元に決断する事ができる思考力であると私は考えています。

その3:ビジョン

そして3つ目がビジョンです。
私たちは、アレを目指している。あそこに向かっているんだよ!
プロジェクトに関わる人たちが共感できるビジョンを持っているかどうか。チームの動きを支えるために、無くてはならないものの1つです。

この3つ。
それぞれの項目を満たすことが前提ではあるものの、その具体的な手法は、そのリーダーの資質を活かせばいいのです。

私は、かつてリーダーという役割が嫌いだった・・という投稿を先日しました。
なぜか。

それは、「自分」を知らずに、ステレオタイプなリーダー像を「演じ」つつ、自分自身が結果を出す事に注力していたからのように感じます。

でも、それではチームとしてのアウトプットにはならないですし、自分自身がとても苦しい。

どうしたら、プロセスが目詰まりせずに流れて行くのか。

それを考えて実施することができれば、携わってくれる人の力も十分活かされ、その結果、アウトプットは自然と良好になっていくのです。

 


さて、「リーダーって苦しいもの」。
そんな風に感じている方に、是非ご参加いただきたいセミナーを3月16日から開催します。
このチームと共にアウトプットが出せる事は幸せだ。そう感じられるチームを作り上げませんか?

■セクション1のみのお申し込みはこちらから:

「スタッフの言動が理解できない本当の理由」

http://kokucheese.com/event/index/73808/

■年間申し込みはこちらから:

「明日、会社に行くのが楽しみになるチームを作る」

http://kokucheese.com/event/index/72167/


ホーム > 講演/セミナー

サイト内検索
Twitter
Feeds

Return to page top

ご利用規約 個人情報について

Get Adobe Flash player