Home > Blog > ITプロジェクト

歯科とIT業界のふしぎな類似性

歯の詰め物が取れてしまって・・

昨日、久々に歯の治療に行ってきました。

実は2週間以上も前になるのですが、
処置歯の詰め物が取れてしまったのです。

すぐに歯医者に行きたかったのですが、
年末というのもあって、仕事もバタバタ・・。
なかなか行けずに、昨日、やっと行ってきました。

なんとなく、嫌な予感がしていたのです。
素人ながら、詰め物の中がちょっと怪しい・・。

案の定、一部が虫歯になっていて、
元の詰め物をそのままかぶせるのでは
処置できないことが分かりました。

皆さんご経験あると思いますが、

「保険の範囲だとコレですが、
こっちの方が良いんですよ・・」

当時お勧めされたのが「金」の詰め物。

金なら金属として柔らかいから、
歯の形にフィットする。
だから長い時間持つのだ・・という先生の
ご説明どおり、
ずいぶん長いこと、その詰め物は
取れませんでした。

はい、忘れるぐらいずっと前に治療した歯です。
20年ぐらい経ってるかもしれません。

その歯医者さんを私はとても信頼していたので、
非常に高額でしたが、
何箇所か治療してもらいました。
ただし、この歯科医は実家の近くなので
今は通えません。

つまり、今日行ったのは別の歯科医です。

そして、今日も、お決まりの会話になりました。

「保険の場合こちらですが、
今はセラミックを使うようになっています。」

仕様の説明と金額。はて・・

当時は金が一番でしたが、
今はセラミックが一番。
色も歯と同だし、
数枚の写真をコンピューターで3次元映像に展開し、
そこからセラミックの詰め物を自動生成(?)
するとかで、かなり正確に自分の歯の形に
なるという話を
図や写真、模型も見せてくれて
説明してくださいました。

でも、1つ5万円ぐらいします。

あろうことか、今回詰め物が取れたとなりの歯の
端っこが、すこーし虫歯になりかかっており、
2つ分の歯の金額がかかるとか。

計10万!

先生の説明は分かりました。

セラミック、すばらしい!

でも、思わず私から出た言葉は、

「先生、保険が効くやつと、
このセラミックの中間どころの詰め物はないんですか?」

ああ、これこそエンド・ユーザーの気持ち

私の質問はド素人の質問かもしれません。

「中間どころ」という曖昧な表現が、
いかにも素人っぽいというか、
この金額、どうにかならないの?
という心情を訴えているわけで。

このとき、ふと、
先生に訴えかけた自分を客観視して、
何かに似ている・・と感じたのです。

ええ、それは、システム開発時の
ユーザーさんと開発者の会話です。

「それが良いってことは分かったよ。
でも、なんでそんなに高いの?」

という話なわけです。

技術者側に悪意はありません。
その時代のより良いものを
ユーザーさん/患者さんのためにお勧めしているのです。

このすれ違いをどうすれば・・

技術の進歩とは、ありがたいものなのですが、
時として、ユーザーは、何か肩透かしを
食らったような気分になります。

前も高額なものを買った。
そして、また別の高いものに変えなければならない。

このいたちごっこに
終わりが無いことは明白でしょう。

ちょっと歯の話に戻ります。

次の治療日の予約は既に入っています。
そのときに、高額なセラミックにするのか、
保険で治療できる所謂「銀歯」にするのか
選ばなければなりません。

ふと、以前通っていたの歯医者さんで、
数本まとめて治療しなおしたときの事を
思い出しました。

その先生の最初の言葉を今でも覚えています。

「私は火事の最中に家を建てるようなことは
しません。」

どういうことか・・というと、
多くの方は歯の磨き方がちゃんと出来ていない。
いえ、正確に言うと、
正しい歯磨きの仕方を教わったことがないと
その先生はおっしゃるのです。

歯磨きができない状態で、
高額な歯の治療をしても、
すぐにダメになってしまう・・と。

だから、その歯科医では歯ブラシのレッスンから
始まります。

ちゃんと歯磨きができると合格点がもらえてから
やっと治療開始。

歯のバランスや唾液の状態まで把握して、
高額な治療費が今かかったとしても、
将来においてお口の中の状態が
快適、健全であることが保たれることを
目指している姿勢が最初から伝わってきていました。

その姿勢を見て、
「数本まとめて」でもやってもらおう!と
私は決意できたのです。

今治療をしてもらっている歯医者さんは、
非常に設備が整っていて、
最新の治療ができそうな雰囲気は
漂っています。

でも、先生の説明は、セラミックの歯を
どのように作るのかとか、
その仕様、値段・・だけ。

だから、私はその治療費にどうしても
意識がいきます。

そう、これは「お買い物」の
意識状態になっているのですね。

歯科医だから「歯」を診るのは当然なのですが、
「私」という人間のパーツである「歯」が
どうであると、「私」がハッピーか。

前にかかった歯科医の先生は、
それを診てくれていたのです。

IT業界に置き換えると
どんなことが言えるのでしょう。

それを使う「人」が現在から将来に渡って
どのようにハッピーになるのか。
そこを考えた上での提案であるかどうかが、
ユーザー側にはおのずと伝わるのかも
しれません。


Hackathon = Hack + Marathon

日本時間の本日早朝・・といういか深夜と言った方がいいですね・・から、
Salesforce.com 主催のビッグイベント
「Dreamforce ’10」がサンフランシスコで開かれています。

無料版 Chatter や Database.com の発表など、
本日早朝の Twitter は、とてもにぎやかでした。

同時に、ギークの皆様向けのこんなイベントも・・。
楽しそうですね!

そう、開発の仕事は楽しくなっきゃ!

#cloudstock


シスアド、プロマネの心が折れない様に支えたい

開発ベンダー側のプロジェクト マネージャー、エンドユーザー企業のシステム アドミニストレーター。

どちらの役割も、人の間に入って日々ストレスと戦っている事、よーくよーく知っています。

この両ポジションの方のそばに、話をちゃんと聞いてくれる人が居てくれることを心から望みます。

今、あるプロジェクトを進めていく中で、「心が折れない様に支えたい」と言ってくださった方がいました。

この一言で、どんなに気持ちが楽になったことでしょう。

私も、コーチとして、ITに関わる方々が前を向いて歩いて行けるよう、サポートしていきたい・・。


オンライン ミーティングにおすすめ、MindMeister

ここしばらく、週1ペースでのミーティングを行っているプロジェクトがあります。

ミーティングと言っても、メンバーの一人が栃木在住ですし、各々別の事務所がある身分。
もっぱら Skype を使ってのミーティングです。

でも、音声だけとなると、なかなか情報を共有したり、
進行が難しかったりします。

アジェンダや議事録をオンラインで共有できるものが欲しいなーと思ってググったところ、最初に出てきたのがこちらでした。

MindMesiter

これが予想以上の製品で非常に快適に使っています。

ちなみに、私の使い方をご紹介すると、こんな感じです。

ミーティングの前日までに議題を作成し、参加者全員と共有。

マップには、議題の他に、参加者名、当日の議事録を書くブランチ、次のアクションを書くブランチをあらかじめ用意しておきます。

後は、当日会議をしながら、議事録のブランチを書き加えていきます。

ミーティングの参加者は、皆、マップを見ながら進行しますので(編集内容はリアルタイムで共有者の画面上でも反映されます)、会議室でホワイトボードを見ながら会議をしている雰囲気にかなり近くなります。

最後に次のアクションを決めて終了。

ミーティング後、PDFに出力して、所定のリポジトリにアップします。

マインドマップの良いところは、後から閲覧した時に、文章を1つ1つ追わなくても、当時のミーティングの内容が非常によく思い出せること。

そして、それぞれの話のつながりも分かることですね。

無料の「ベーシック」プランでは、マップ3つまで使用できます。

ちなみに、こちらドイツの MeisterLabs という企業の製品です。

UIやヘルプはローカライズされていますが、サポートはどうやら英語のみの様です。

もしかすると、その点不安に感じられる方がいらっしゃるかもしれませんが、私の問い合わせにはきちんと対応してくれました。
メールでのやり取りですので、多少英語に不安があっても乗り越えられると思います!


私は社内政治より、コードを書きたかった。

「いきなり」なタイトルですが、以前、某企業内で社内SEの様なシステム・アドミニストレーターの様な・・IT関連なんでも屋をしていたころ、私が感じた正直なところです。

ある業務に関するシステムを構築する話が持ち上がりました。
私は「何でも屋」として各担当部署のヒアリングからスタートすることにしました。

ヒアリング・・

それは、業務フローを見直すと同時に、「社内政治」をどうまとめあげるかという事でした。

とはいうものの、相手にするのは、みな私より上のポジションにいる人ばかり。
平社員の私が、課長、部長クラスを相手になんとかまとめていかなければなりません。
辛かった。
でも、このプロジェクトは本当に多くのことを学ばさせてくれました。

随分後になって、人を動かす「コミュニケーション」というキーワードと、当時のプロジェクトが頭の中で結びつきました。

その後、ベンダー側での開発を経験しましたが、うまくいくプロジェクトと、何かしら問題があるプロジェクトがありました。

これも、キーとなっていたのは対エンドユーザー、またはベンダー内での「コミュニケーション」でした。

「CIOの育成」といった言葉をよく聞きます。

企業側に素晴らしいCIOが居れば、企業のIT化は格段に進むのでしょうか?

私は依然としてコミュニケーションがキーだと思っています。

それも、社内の人間でもなく、ベンダー側の人間でもなく、中立な立場で公平にものを見ることの出来る人、コミュニケーションを下支えする人・・。

コードを書きたかった私は、あれから随分たくさんのコードを書くことができました。
今は、コミュニケーションのプロとして、プロジェクトの進行を支えて行きたいと思っています。

ベンダーに問い合わせる前の段階での話し合いのファシリテーション(司会・進行)も承っています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。


ITプロジェクトで「提案」の前にしておきたい事(続き)

前回の記事で、相手の考えていることを「引き出す」質問と、自分たちが知りたいと思って問いかける質問には、違いがあるということに気づいたことを書きました。

これにはっきりと気づかされたのは、私のコーチからのフィードバックでした。

私は、Coach 21 のコーチ・トレーニング・プログラムというのを現在も受講中ですが(1年半で31課程を受講するプログラム)、それ以外にも、周期的に自分のコーチにクライアント役をやってもらい自分のコーチングに対してフィードバックをもらっています。

その日は、初めてコーチにクライアント役となってもらい、フィードバックをもらう日でした。

実は、この日まで

「何か釈然としない、コーチングは本当に機能するのか。」

という漠然とした疑問が心の中にあり、少々モチベーションが下がってきていました。

でも、次の一言で開眼した気持ちになったのをはっきりと覚えています。

私は、吉田さんの質問に答えていただけで、自分の考えを深められなかった。

そうなのです。
話し手は、考えたことを話してもいますが、自分の言葉を聞きながら、更に考えを深めているのです。

その為、相手から何かを引き出そうという事ばかりに注力して、あれこれ質問をとっかえひっかえしていると、相手は考えを深めることが出来ず、引き出せたであろう言葉の前の通過してしまうことになる。
私は、答えを引き出したいがために、あれこれ質問するばかりで、相手が何を考えているのか、何を知りたいと思っているのか、どこへ向かおうとしているのかが全く耳に入っていなかったのです。

この日から、相手が答えを持っているということを常に意識し、「質問」よりも「聴く」方の能力を上げることに注力するようになりました。

行間を読むと言いますが、会話においても言葉の間にある本当の意味をキャッチする必要があるからです。

聴くことを通じて、

  • 相手に考えてもらう
  • 出てきた選択肢をまとめる
  • そしてまた考えてもらう

そんな繰り返しを経てエンドユーザーが十分に思考した後に出てきた答え、これはゆるぎない軸になるはずです。

コーチングというコミュニケーションにご興味をもたれたら、無料のオリエンテーションをご用意しています。

お気軽にお問い合わせフォームよりお問合せ下さい。


ITプロジェクトで「提案」の前にしておきたい事

システムを作る側、発注する側、両方を経験した後、コーチという人とのコミュニケーションを専門に行う仕事も始めて、とても強く感じることがあります。

それは、エンドユーザーさんから話を聞いて要件を定義していく際、私たちは「自分の聞きたい事を聞いていた」と。

言い換えると、「自分の知りたい事を聞くために質問していた」のです。

どこもおかしくない・・と思われますか?

確かに、私もコーチングを学んでコーチとして仕事を開始するまでは、こんな事には気づきませんでした。

ベンダー側が要件定義の際に、最初から自分の聞きたい事を質問していくと何が起こるのでしょう?

エンドユーザー側の担当者の方は、その質問に答えます。

全く当たり前ですね。

このどこに問題があると思いますか?

要件定義の後、開発に入って「仕様変更」というプログラマーやSEにとって最も聞きたくない話を、私たちはどのくらい聞かされてきたでしょう。

「あの時の会議で、OKしたじゃないですか!」

「この時、こういいましたよね。」

「仕様書にはこう書いてあります。」

言ったの言わないの、あの時はこうだったとか、気が付かなかったとか、忘れていたとか・・いろんな話が飛び交いますが、変更しなくちゃどうにもならないのであれば、それに従うしか道はありません。

でも、どうしてこんなに仕様変更は多いのでしょう?

ちゃんと考えて進めているはずなのに・・。

ちゃんと、考えている」???

少し前の話ですが、『プロジェクト ファシリテーション』の著者のおひとり、関 尚弘さんの講演をお聞きすることができました。

古川電工さんで行った人事業務を刷新する大プロジェクトについて等身大で書かれたこちらの書籍は、「どこか別の世界の偉業」ではなく、「当たり前のことを、当たり前でないレベルでやりきる」と文中で関さんが書かれている通り、非常に地道に、丁寧なコミュニケーションを重ねていく様が描かれています。

学ぶことが沢山あるこの本を、私は度々読み返していたのですが、講演の終わりの方で関さんがおっしゃられた次の一言が様々な事柄を集約したように感じられ、とても腑に落ちた気持ちでした。

僕たちは考えることに専念できた。

このプロジェクトは、ケンブリッジ・リサーチさんというコンサルティング会社が入って進められていったのですが、そのファシリテーションがすばらしく、関さんを始め、エンドユーザー企業側のメンバーの方は、とにかく「考えることに専念した」とおっしゃっていました。

私は、ITベンダー側でプロジェクトを進めていく際、この点が欠落していたと今、強く感じています。

システム構築のために、エンドユーザーから必要な情報を「引き出す」という表現を時々目にします。
この「引き出す」とは相手に「考えてもらう」ことに他なりません。
コーチングは、まさに相手から「引き出す」コミュニケーション。
普通の質問と何が違うのか・・。

長くなってしまいますので、次回その点について書こうと思います。


ホーム > Blog > ITプロジェクト

サイト内検索
Twitter
Feeds

Return to page top

ご利用規約 個人情報について

Get Adobe Flash player