Home > Blog > 日記

歯科とIT業界のふしぎな類似性

歯の詰め物が取れてしまって・・

昨日、久々に歯の治療に行ってきました。

実は2週間以上も前になるのですが、
処置歯の詰め物が取れてしまったのです。

すぐに歯医者に行きたかったのですが、
年末というのもあって、仕事もバタバタ・・。
なかなか行けずに、昨日、やっと行ってきました。

なんとなく、嫌な予感がしていたのです。
素人ながら、詰め物の中がちょっと怪しい・・。

案の定、一部が虫歯になっていて、
元の詰め物をそのままかぶせるのでは
処置できないことが分かりました。

皆さんご経験あると思いますが、

「保険の範囲だとコレですが、
こっちの方が良いんですよ・・」

当時お勧めされたのが「金」の詰め物。

金なら金属として柔らかいから、
歯の形にフィットする。
だから長い時間持つのだ・・という先生の
ご説明どおり、
ずいぶん長いこと、その詰め物は
取れませんでした。

はい、忘れるぐらいずっと前に治療した歯です。
20年ぐらい経ってるかもしれません。

その歯医者さんを私はとても信頼していたので、
非常に高額でしたが、
何箇所か治療してもらいました。
ただし、この歯科医は実家の近くなので
今は通えません。

つまり、今日行ったのは別の歯科医です。

そして、今日も、お決まりの会話になりました。

「保険の場合こちらですが、
今はセラミックを使うようになっています。」

仕様の説明と金額。はて・・

当時は金が一番でしたが、
今はセラミックが一番。
色も歯と同だし、
数枚の写真をコンピューターで3次元映像に展開し、
そこからセラミックの詰め物を自動生成(?)
するとかで、かなり正確に自分の歯の形に
なるという話を
図や写真、模型も見せてくれて
説明してくださいました。

でも、1つ5万円ぐらいします。

あろうことか、今回詰め物が取れたとなりの歯の
端っこが、すこーし虫歯になりかかっており、
2つ分の歯の金額がかかるとか。

計10万!

先生の説明は分かりました。

セラミック、すばらしい!

でも、思わず私から出た言葉は、

「先生、保険が効くやつと、
このセラミックの中間どころの詰め物はないんですか?」

ああ、これこそエンド・ユーザーの気持ち

私の質問はド素人の質問かもしれません。

「中間どころ」という曖昧な表現が、
いかにも素人っぽいというか、
この金額、どうにかならないの?
という心情を訴えているわけで。

このとき、ふと、
先生に訴えかけた自分を客観視して、
何かに似ている・・と感じたのです。

ええ、それは、システム開発時の
ユーザーさんと開発者の会話です。

「それが良いってことは分かったよ。
でも、なんでそんなに高いの?」

という話なわけです。

技術者側に悪意はありません。
その時代のより良いものを
ユーザーさん/患者さんのためにお勧めしているのです。

このすれ違いをどうすれば・・

技術の進歩とは、ありがたいものなのですが、
時として、ユーザーは、何か肩透かしを
食らったような気分になります。

前も高額なものを買った。
そして、また別の高いものに変えなければならない。

このいたちごっこに
終わりが無いことは明白でしょう。

ちょっと歯の話に戻ります。

次の治療日の予約は既に入っています。
そのときに、高額なセラミックにするのか、
保険で治療できる所謂「銀歯」にするのか
選ばなければなりません。

ふと、以前通っていたの歯医者さんで、
数本まとめて治療しなおしたときの事を
思い出しました。

その先生の最初の言葉を今でも覚えています。

「私は火事の最中に家を建てるようなことは
しません。」

どういうことか・・というと、
多くの方は歯の磨き方がちゃんと出来ていない。
いえ、正確に言うと、
正しい歯磨きの仕方を教わったことがないと
その先生はおっしゃるのです。

歯磨きができない状態で、
高額な歯の治療をしても、
すぐにダメになってしまう・・と。

だから、その歯科医では歯ブラシのレッスンから
始まります。

ちゃんと歯磨きができると合格点がもらえてから
やっと治療開始。

歯のバランスや唾液の状態まで把握して、
高額な治療費が今かかったとしても、
将来においてお口の中の状態が
快適、健全であることが保たれることを
目指している姿勢が最初から伝わってきていました。

その姿勢を見て、
「数本まとめて」でもやってもらおう!と
私は決意できたのです。

今治療をしてもらっている歯医者さんは、
非常に設備が整っていて、
最新の治療ができそうな雰囲気は
漂っています。

でも、先生の説明は、セラミックの歯を
どのように作るのかとか、
その仕様、値段・・だけ。

だから、私はその治療費にどうしても
意識がいきます。

そう、これは「お買い物」の
意識状態になっているのですね。

歯科医だから「歯」を診るのは当然なのですが、
「私」という人間のパーツである「歯」が
どうであると、「私」がハッピーか。

前にかかった歯科医の先生は、
それを診てくれていたのです。

IT業界に置き換えると
どんなことが言えるのでしょう。

それを使う「人」が現在から将来に渡って
どのようにハッピーになるのか。
そこを考えた上での提案であるかどうかが、
ユーザー側にはおのずと伝わるのかも
しれません。


あなたの解消法は?

今日は、東京も冷たい北風がとても強く吹いていました。

打ち合わせの帰り道、バス停でバスを待つ間でも
辛いぐらいでしたから、
避難所で明かりもなく過ごしている方たちは
どんな風にして1日を過ごしているのだろう?と
切ない気持ちになってしました。

ストレスサイン

非被災地にいるにも関わらず、
毎日の余震や、さまざまなニュースから
私も含め、東京に住む人たちも
少なからずストレスをためています。

「ストレス」そのものは
決して「悪」ではありません※が、
溜め込んでしまうことは
よくありませんよね。

————————-
※適度なストレスは
人の生産性を向上すると言われています。
ただし、極度のストレスや、
慢性的にストレスから解放されないは
もちろん体に良くありません。
————————-

私は、昨日の夜から右目の端っこが
ゴロゴロする感じがしていました。

ゴミでも入ったかな?と思っていたのですが、
小さな「ものもらい(霰粒腫)」ができているみたいです。

あー、久しぶり・・。と思いました。

これ、私のストレスサインなのです。

ストレスをはっきり感じるときもあると思いますが、
知らず知らずに溜め込んでいるストレスもあるはず。

ご自身のストレスサイン、どんなものがあるか
知っていると役に立つと思います。

ストレスから回復する方法

そして、自分なりのストレスからの回復方法、
考えておくのも大切ですよね。

運動したり、
人と話したり、
好きな香りを嗅ぐなんていうのも
あるかと思います。

私は、ストレス解消だけではなく、
張りつめた気持ちを緩めたり、
気持ちを前向きにしたり、
自分を勇気づけるときなどは、
音楽をよく聞きます。

落ち込んでいるときは、
元気になる歌を聞くのもアリかもしれませんが、
泣ける曲や感動する曲を聞いて、思いっきり泣くのも
良い方法だと思います。

涙を流すことって意外とスッキリするものです。

さて、「ものもらい」が早く治るように、
今日はこんな曲でも・・。

Louis Armstrong What A Wonderful World


周りに不安を抱えている人がいたら

この度の震災で被害を受けた皆様には、
心より、お見舞い申し上げます。

Y2研究所 吉田は、
地震発生時に地下鉄内におりましたが、
東京はご存知の通り
ほとんど被害を受けていませんので、
今週も月曜日より通常通りの営業をさせて頂いてます。

本当にありがたい事です。

今、自分にできることは、
実直に仕事をし、生活をし、
日本の社会機能の一端をいなうことなのだと
強く肝に銘じています。

スーパーには不安な人がいっぱい!

昨日、打ち合わせから帰宅する際に、
最寄駅隣接のスーパーに寄って
絶句しました。

閉店前のセールなの??
と思わせるほどの空っぽぶり。

棚が空になることが余計に不安を呼びこむのか、
レジは長蛇の列で
買い物客にごったがえしていました。

でも、
不安になる気持ち、
分からないでもありません。

今朝は、東京でもそこそこ大きな余震がありました。
原発のニュースも刻々と報告されています。

不安がっている人に
「不安になるな!」と言っても
きっと通じないでしょう。

不安を引き起こすもの

話は少々それますが、お化けが怖いのは、
何故だかわかりますか?




正体が分からないからなのですよね。

この先、どんなことが待ち受けているか
分からない・・という恐怖心も
それと似ています。

あなたの周りに
不安を抱えている人がいたら、
是非お話を聞いてあげてください。

一つ、一つ、
不安を感じていること、
話させてあげてください。

話していくと、
だんだん、不安を発生させている「元」が
現れてきます。

その「元」が、想像や憶測であるようだったら、
それが事実かどうか、
質問してみてください。

その「元」が、誤った情報や解釈だったら、
正しい情報を
分かりやすく伝えてあげてください。

不安の元が実は存在しない事が
分かれば、
不安そのものが消えていきます。

不安の元が実際存在したとしても、
正体が分かれば、
「おばけ」の様な怖さはなくなり、
理性的な行動を起こせるようになります。

不安を抱えている人は、
不安の正体や大きさが見えないからこそ、
怖いわけです。

そして、
不安は人の行動を
悪い方へ変えてしまう可能性もあります。

周りの人への言葉かけに困ったら、
いつでもTwitterでお尋ねくださいね。

http://www.Twitter.com/@yumzou

コーチとしてできることをしていきたいと思います。


人生は、変わったことをした時に変わる

しばらくブログをさぼってしまいました。

さぼった・・というか、少々遠ざけていた・・というのが
正直なところ。
少し集中して、やりたい事があったのです。

それはさておき、久しぶりのブログ。

最近、自分が今までと違う事をしているな・・と
感じています。

今までは、ほとんどの時間をコーディング(プログラムを書く事)に
費やしてきました。

今は、コーチングセッションが一番多い。

周りにいる人たちも違ってきました。

来月はセミナーもやります。

後、努めて寝る時間を増やすようにしています。

行動が変わると、
環境が変わり、
人生も変わる。

この流れはきっと正しいんじゃないかと
感じています。

今のままじゃいやだ・・と思ったら、
行動を変える。

例えば起きる時間を変えるとか、
会社に行く時間を変えるとか・・
簡単なことを変えてみるのは、どうでしょうね。

生活習慣を良い方向に変えるだけでも、
良い変化ではないですか?


コミュニケーション能力向上には「量」も大事

Y2 研究所では、IT エンジニアとエンドユーザーのためのダイアローグの会、「ふりろぐ」を、毎月仕事仲間と一緒に開催しています。

「ふりろぐ」についてはこちらをご参照ください:
ふりろぐとは

10 月の開催は 23 日です。

私は、長いこと自宅でシステム開発や技術翻訳をコツコツやってきました。
PCに向かっている時間が人と話す時間より相当長かったと思います。

人と会話するときに、話題が見つからなくなってきたと感じたのは、だいぶ後になってからですが、以前はいろんな人と会って会話することが一つの楽しみでもあるくらいだったのに、その頃から、知らない人と話すことが億劫になってきました。

今、振り返ってみると、これは圧倒的な会話の量の減少が原因だったと感じています。

私が、「会話の減少」から脱することができたのは、子供が生まれたからでした。
お母さん同士の付き合いが始まったのです。

それでも最初の頃は、ニコニコして会話を聞くだけ。あまり話す方ではありませんでした。
少しずつ、少しずつ元の自分に戻ってきて、今はまた、いろんな方と話すのが楽しくて仕方ない元の自分に戻ることが出来ました。

エンジニアはコミュニケーションが苦手・・とよく評されます。

もちろん、もとから寡黙な方もいらっしゃるでしょう。
でも、一部の方は、単なる「習慣」ではないかと、私自身の経験から感じています。

また、逆に、コミュニケーションが上達したいと考えるならば、まずは小手先の技術よりも、量を増やすことが大事だと思います。

「ふりろぐ」には、どんな話題でも受け止めてくれる仲間がいます。

仕事の話、技術の話ならいくらでも出来るけれど、それ以外はちょっと・・と感じている方、
是非ご活用ください。

ふりろぐ
(※サイトはまだ一部工事中です。参加ご希望の方は、「お問い合わせ」フォームからご連絡いただくか、Twitterにてご連絡ください。)


環境が与えるもの

Twitter を使い始めたのがいつだったか思い出せませんが、一時非常にはまった(汗)後、今は適度な距離感で楽しんでいます。

Twitterの楽しさは、やはり人とのつながり。

物理的な距離や状況に関係なく、ちょっとしたコミュニケーションを楽しめる事でしょう。

私は朝早く起きる方なので、朝型の方々とのコミュニケーションをよく取ります。

そんな「朝友」の中に、ひときわ「良い感じ」の方がいらっしゃるんです。

Web関係のお仕事をされているようですが、暮らしぶり、子供とのかかわり方、そして何より奥様への思いやりが、本当に眩しいくらい!つぶやきの中にそれがすごく表れているのです。

ある時、そんなつぶやきを読んだ私は、

欧米の夫婦を思わせるなー。

と、羨望の眼差しになっていました。

こういう言葉かけ、「あっちの人」は良くするよな・・こんな風に思われて、奥様が羨ましいなーと。

その時、ふと頭をよぎったのです。

このコミュニケーション・・もしや奥様は外国人の方??

そう思ってアイコンを見てみると・・抱っこしている(たぶん)お嬢さんがとても色白!!

そこで、思い切ってご本人に聞いてみました。

奥様は外国の方ですか?

結果は・・

大当たり♪

全くそういうそぶりを見せたことないハズなのに、何でわかったんでしょう??!!

とびっくりされていました。

私、一応、コミュニケーションのプロとして仕事していますから・・^^

コミュニケーションだけに限った話ではありませんが、人はみんな周りの影響を受けていますよね。

特に、自分に近い人の影響を多分に受ける。

相手にこうしてほしい、ああしてほしいと願っても、なかなかその通りにならない理由の1つは、そういった「環境」にあるかもしれません。

そして一番簡単な「環境を作る」方法は、自分が望ましい振る舞いをすること。

よく言われることですが、人と過去は変えられないけれど、自分と未来は変えられるのです。

おそらく、このフォロワーさんご自身は、もともと優しくて気の利く方だったのだと想像できます。でも、奥様のコミュニケーションによって、よりそれに磨きがかかったのだと思います。

コーチングを受けてくださっているクライアントさんたちの環境が変わってくるのは、クライアントさんがコーチを通じて「コーチング」というコミュニケーションの取り方が自然に身についてくる部分があると最近感じます。実際、そういったフィードバックもいただいていますし・・・。

あ、そうだ!フィードバックをホームページに載せていませんね・・私。

早速ページを作成したいと思います。^^
そして、「仕事」だけではなくて、家庭内でのコミュニケーションも気を付けていかないと!(汗)


ブログ、「ITエンジニアのコミュニケーション上達術」を開始しました。

外部ブログで、「ITエンジニアのコミュニケーション上達術」を開始しました。

コーチングを活かしてステークホルダーとのコミュニケーションを改善していく方法に加え、エンジニアがコミュニケーションが苦手となってしまう理由など、経験したことも加えながら綴っていきたいと思います。ご参考になれば幸いです。


まずは、話し合う事から始めてみませんか?

「経営に IT を活かす」といった表現が盛んに登場するようになって久しいですが、なかなか一般のユーザーの方々「活かす」方法を見つけ出すことは難しい場合も多いと思います。

どこから、どう始めたら良いのでしょう?

コンサルタントを雇うことも考えられますが、不況が長引く中、踏み切れない企業様も多いのではないかと思います。

私は、まずは「話し合いをスタートする」ことが大事だと考えています。

IT 経営って何?

その疑問からスタートしても良いのではないでしょうか?

問題意識を持つことで、少しずつ理解していくことが出来ると思います。

まずは、「話す場」をもつこと。
そこからスタートしてみませんか?


ホームページをオープンしました。

はじめまして。Y2 研究所(「ワイワイ研究所」と読んでください!) のホームページへようこそ。

IT システムを使う人、創る人、またシステムそのものとのコミュニケーションももっとスムーズに、心地よく・・。

そんなサービスをご提供しています。

どうぞよろしお願いします。


ホーム > Blog > 日記

サイト内検索
Twitter
Feeds

Return to page top

ご利用規約 個人情報について

Get Adobe Flash player