Home > お知らせ | セミナー > 2013/3/16 「スタッフの言動が理解できない本当の理由」開催しました。

2013/3/16 「スタッフの言動が理解できない本当の理由」開催しました。

こんにちは。吉田裕美子です。

バタバタしていたら、もう3月も終わりになっています。
去る3月16日に、リーダーのためのコミュニケーション勉強会2013 セクション1を開催しましたが、レポートがだいぶ遅れてしまいました!

本年度のテーマは、「明日会社に行くのが楽しみになるチームを作る」。
1年間を通じて、明日会社に行くのが楽しみになるチームをつくるためのノウハウを4つのセクションに分けて学んで頂きます。

最初のセクションは、「スタッフの言動が理解できない本当の理由」。
リーダーというポジションに現在いらっしゃる方、今後リーダーになる方、経営者、起業家など、様々なポジションの方々がご参加下さいました。

何に困っているのでしょう?

本年度は、初の試みとして、1年を通じて学ぶ→実践する→変化が生まれるというプロセスを続けて頂き、最終的に参加してくださったそれぞれの方が、ご自身のゴールにたどり着いて頂くことを目指しています。

ですので、所謂セミナー形式でこちらから伝えるだけの構成にはなっていません。
もともと、このコミュニケーション勉強会は、ワークショップ形式で開催していましたが、今回は、特にその継続性を意識して、新しい仕組みをいくつか取り入れてみました。

ちゃんとゴールにたどり着くために1回1回のセミナーから必要なことを手に入れて頂きたいので、まず行ったのは、現状の棚卸しです。

個々人の環境で、今何に困っているのか、ゴール達成を阻害しているのはどのような事柄なのかを、箇条書きにして書き出してもらい、それぞれがどのような状態になったら嬉しいのか、棚卸しして頂きました。

このプロセスは、教育のためのTOCの「アンビシャスターゲット・ツリー」というフレームワークを活用しました。

「出来ない理由」が無くなれば、ゴールが達成されるわけです。
1年の終わりに、全ての「出来ない理由」が消されていることを目指して行きます。

 

Y2研究所 コミュニケーション勉強会

人はそれぞれ違うって、どう違うの?

後半は、チーム作りのためのスキルを学ぶ時間です。

今回は、人がそれぞれ持っている価値観の違いによるコミュニケーションの違いを見える化しました。

具体的には、コーチAのタイプ分けアセスメント(チェック・リスト)を活用し、ご自身がどのようなコミュニケーションを好むタイプなのか、まずは理解して頂きました。

自分のことというのは、自分自身ではなかなか客観的に見ることができませんから、こういったツールは本当に便利です。
タイプ分けは、もう随分前から書籍なども出ていますが、今回調べてみたら、iPhoneアプリなんかも新しく出ている様です。ちょっとした遊び気分でもできるので、試してみるのも良いと思います。ただし、アプリは有料です。

コーチA タイプ分け

自分自身のタイプが分かったら、同じタイプごと集まって頂き、「私の取扱説明書」というタイトルで、効果的な褒め方やモチベーションが上がること、下がること、得意なこと、不得意なこと、こんなリーダーを求めています・・・などの項目を書き出して頂きました。

これが、タイプごとに非常に特徴が出ていて、興味深かったです。今まで理解できない!と思っていた周りのスタッフと照らし合わせて、「あーーー、だからだったんだ」「謎が解けた」などの言葉が、会場のあちこちで聞かれました。

タイプ分けは、人をカテゴライズするために使われてしまうと、ある意味危険ではあるのですが、「人はそれぞれ違うよね」と言われても、どのように違うのかというのは、そう簡単には分かりません。

本当は、10人いれば、10タイプの人がいるのですが、それをぐーーーっと抽象化して、なんらかの目印にする。それによって、チームを一塊に考えるのではなく、それぞれの人がもつ強みを活かしながら、相手の行動が促進されるアプローチを取って行くことの助けにして頂きたいのです。リーダーがスタッフに対して個別対応して行くことで、チームとしての成果が変わって行きます。

また、知らなければ、「なぜそんな言動を?」と疑問に思う様なことでも、「今の言葉は〇〇を求めているんだな。」と目星をつけられるようになれば、リーダーの皆さんも余計なストレスから解放されるという利点もあります。

 

Y2研究所 コミュニケーション勉強会

 

実施していただくための仕組み

さて、先ほど、今年のコミュニケション勉強会は、学ぶ→実践する→変化が生まれるというサイクルを回すと書きました。確実に実践し、変化を生みだして頂くためには、プロセスに伴走する人がいると効果的です。このプロセスに関わって行く人がコーチなワケですが、今回は、セミナーに参加してくださった方どうし、ペアを組んでいただき、お互い実施したことを振り返るパートナーとなって頂きました。

パートナーは、オンラインで1回、振り返りの時間を持って頂きます。振り返りの時間は、10分ずつ。ペアで合計20分です。そして、こちらで用意した簡単な質問に答えて頂くことになっています。

用意した質問を、私とパートナーの金井コーチでやってみたのですが、シンプル、かつ非常に考える質問が用意できた!と私たちは感じたのですが、さて、結果はどうだったか、後ほどお聞きするのが楽しみです。

この後、5月半ばに全員で電話会議で集まり、フォローアップを行いますが、それが今からとても楽しみです!!

次回のコミュニケーション勉強会

「明日会社に行くのが楽しみになるチームを作る」セクション2のテーマは、「スタッフの本当の力を発揮させる、話しの聞き方」。

話しを聞くというのは、誰にでも出来ることと思われがちですが、実は非常に高度なスキル。ヒアリング力をアップしたい方は是非ご予定下さい。

開催日時:2013年6月15日(土)13:30〜16:30

場所:次回から場所が下北沢のザ・アソシエーションさんに変わります。

右脳が動きやすくなりそうな、オシャレで落ち着いたデザイン!きっと学びも深くなること間違い無しです☆

単発でご参加の場合の参加費:3,500円

こちらは、現在、下記のFacebookのイベントで受付ています。後ほど正式な申し込みフォームを用意しますが、ご質問等ありましたら、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。
https://www.facebook.com/events/513154285395240/


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.y2lab.net/2013/03/29/1873/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
2013/3/16 「スタッフの言動が理解できない本当の理由」開催しました。 from すべての組織に活気あるディスカッションの声を:Y2研究所

Home > お知らせ | セミナー > 2013/3/16 「スタッフの言動が理解できない本当の理由」開催しました。

サイト内検索
Twitter
Feeds

Return to page top

ご利用規約 個人情報について

Get Adobe Flash player