Home > Blog

力を込めて聞く

お早うございます。吉田裕美子です。

私は、コーチングやファシリテーション、組織開発などの仕事をしていますが、「話を聞く」ということは、ものすごく力のいる仕事だといつも感じます。

プレゼンテーションスキルなど、人に何かを伝えるスキルを磨きたい方は沢山いらっしゃると思いますが、もしかすると、「え?聞くために力がいる??」と感じるかもしれませんね。

ええ、確かに・・・「話を聞く」のは、特に力をかけなくても出来てしまう部分もあります。

でも、それは、「聞く」のではなくて、「聞こえている」だけなんです。

では、「力を込めて聞く」のと、「聞こえている」の違いは何なのでしょう?

その説明をする前に、少し私たち人間の特徴を理解しておきましょう。

私たちは、自分自身の「考え」というのを多かれ少なかれ持っています。
「仮定」と呼んでも良いかもしれません。

例えば、特定の女の子に親切な男の子を見かけたら、「気があるのかな?」なんて思いますよね。

その「仮定」を持ったまま、その男の子の話を聞いたとします。
会話の中にその女の子の名前が出てくると、頭の中では、「やっぱり気があるのでは?」と検証を開始していたりしませんか?

そう、人って頭のどこかで自分の仮定を証明しようとしていることがよくあります。

伝えることが難しいのは、誰がどんな仮定を持ちながら話を聞いているのか、話している側には予測できないからなのです。
伝えたつもりの内容が、全く違うことになってしまうのは、そのためですね。

「昨日、すれ違った人が来ていた赤いセーターが、すごく素敵だったの」

と言っただけでも、「赤いセーター」として思い浮かぶものはそれぞれ違うものでしょう。

人は必ず頭の中に、自分の価値観と経験に基づいた「仮定」があるので、それをベースに聞きたいように聞くという特徴がある。それを忘れないようにしましょう。

さて、ここまで、前置きです。

○人は頭の中に仮定を持ちながら、聞きたいように聞く。
○相手の頭の中にどんな仮定があるか分からないので、伝えたい内容を一発で100%正確に伝えることは、そもそもムリ。

そのことをよーーーーーく理解してください。

そうすると、「聞こえてくる」という聞き方だと、お互いがお互いの話をきちんと理解できないということが分かってくるかと思います。

そもそも、コミュニケーションにはそういった不確実な部分を多分に含んでいるのだ・・ということを前提にすれば、こんな風に聞く必要があるのでは無いでしょうか?

話を聞く時は、その人がどんな状況を目の前に描いているのか・・を想像し、絵を描いていくように聞きます。
相手が言葉にできていないこと、絵としてこういうことなんじゃないか?と理解できたことは、質問します。

「私には、こんな風に聞こえるんですが、合っていますか?」

言葉をそのまま聞くだけではなく、相手が伝えきれていないと思われること、自分の仮定が邪魔しているかもしれないこと、それは、相手に確認していくしかありません。

お互いがこうやって「注意深く聞く」習慣がつくことで、お互いが本当に伝えたいことが明らかになっていくんですね。
また、注意深く聞くために質問することで、相手もより正確に言語化していくことができます。

そのプロセスによって、話し手の方も、「ああ、本当に言いたかったことはそういうことだ」と理解するのです。

実は、これそのものがコーチングだったりします。
私たちコーチは、こういう聞き方のトレーニングを重ねているのですが、それでもやっぱり難しい・・と感じるシーンは多々あります。

聞くことの難しさ。皆さんは、どんなご経験がありますか?
コメント頂けたら嬉しいです。


上司は部下に疎まれがちなワケ

こんにちは。吉田裕美子です。

「上司」というのは、どういう訳か部下に嫌われることが多いものの様です。

そういう私も、かつて企業に勤めていた時に嫌いだった上司の顔が浮かんで来たりします。(^^;;
これをお読みになっている皆さんも、きっと1人や2人はそういう人がいることでしょう。

ところが、企業内で部下に慕われていない人でも、一歩会社を出て、プライベートな集まりでは、すごく人気者なんてケースもよくあること。

同じ人なのに、どうしてこの違いが生まれてくるのでしょう?

 

よく見受けられる不思議な現象は、まだあります。

たとえその上司が部下にあまり好かれていなくても、その人と、そこそこの期間付き合いがある人は、そこそこ良好な関係を築けていたりすることが無いでしょうか?
または、以前は口をきくのも嫌だった上司でも、ずっと後になってみると、ある程度受け入れられている自分がいることは無いでしょうか?

これは、たまたまそういう人がいた・・という珍しいケースなのではなく、非常に多くの場合、人と人との関係性の構築は同じパターンをたどります。

つまり、すごく簡単に表現すると、こんなステップをたどるわけです。

————————–
(1)知り合ったばかり(または親密になる必要の無い関係):距離感がある付き合い。嫌なところもあまり見つからないし、お互い礼儀正しく接する。
(2)しばらく一緒にいる:気になるところ、嫌なところが見えてくる。諍いが起きるケースも。
(3)長い期間付き合いがある:良いところも、悪いところも理解している。
————————–

さて、来月、12月1日に第7回目のコミュニケーション勉強会を開催します。

http://kokucheese.com/event/index/60729/

タイトルは、「『ムカつく上司の言葉』活用法」。

今、この記事をお読みになっているあなたは、上司(または部下や連携先の担当者、もしかしたら、お客様・・などというケースもあるかもしれませんが)の言葉にイライラさせられている・・なんていうことは無いでしょうか?

上述の説明に従えば、イライラしているのは(2)のステージにいるからとも言えます。

そして、このステージを抜け出すのに、とても長い期間がかかる場合があります。
でも、それを乗り越えると、全く違う関係性が生まれてくるのは、上述の通りです。

今回、このセミナーを企画したのは、この(2)のステージを少しでも早く切り抜ける方法をお伝えしたかったからです。

組織を動かしているのは、まぎれも無く「人」です。でも、個々の人が個別に力を出したのでは、本来の組織の意味をなしません。
「本当の組織(またはチーム)」になるために、いち早く(2)のステージを抜けて、(3)のポジションに動く必要があるのです。

もしかして、「そんなこと、出来たら良いよね・・でも、ムリだわ・・」と誰かを頭に浮かべながら感じていたりしませんか?

実は、これは、コツを知れば誰でもできるようになるのです。

私自身も、かつては、自分の上司を「やなヤツ!!」と思い続けながら、なす術も無く、なるべく見ないふりをしようとしていたり、あきらめていたところがありました。
でも、この方法を知ってから、ほとんどの場合、解決できるようになったのです。

「吉田さんは苦手な人がいないよね」

と、よく人から言われますが、決してそうではありません。
この、「コツ」をつかんだので、(3)のポジションに早く行けるようになっただけなのです。

今回のコミュニケーション勉強会では、パートナーの金井コーチと一緒に、この「コツ」をすべてお伝えしていきます。
是非ご参加くださいね。

 

 
日時:12月1日(土)13:30〜
場所:東池袋 あうるすぽっと
「ムカつく上司の言葉」活用法

セミナーの詳細およびお申し込みは、下記から:
http://kokucheese.com/event/index/60729/


実は聞き方次第

Y2研究所では、コーチの金井聖子さんとのコラボで、3か月に1回、コミュニケーション勉強会を開催しています。

http://kokucheese.com/event/index/60729/

「コミュニケーションが上手くなりたい。」

「コミュニケーションを学びたい。」

そうおっしゃる方の多くは、実は「伝え方」について学びたいと考えている方が多いようです。

どうしたら、伝えたい事がうまく伝わるだろう?
どのようなスピーチが心に響くのか?

確かに、日本人はプレゼンテーションが下手だと言われたりすることもありますし、人前で話すトレーニングをする機会は、欧米に比べると少ないのも事実でしょう。

しかし、コミュニケーションは一方通行ではありません。
そこに「聞き手」がいるからこそ成り立つのですよね。

そして、「コミュニケーションを学びたい」と考えているあなた自身も、常に話し手であると同時に聞き手でもあるのです。

実際、コミュニケーションは聞き手次第のところが多くあります。
同じ事を話しても、聞き手によって受け取る物は全く違って来ます。

そう、あなたが話したことを聞いている人は、自由に聞きたいように聞いている訳です。

同じように、あなた自身も相手の話を自分の聞きたいように聞いています。

このことは、見方を変えると、こんな風に言えないでしょうか?

「どのように聞くか」は、「どのように伝えるか」よりもコントロールしやすい。

コミュニケーション力は、どう伝えるかだけではなく、どう聞くかという力も大切です。そして、それはあなた自身でコントロールしようと思えばできるものなのです。

今回のコミュニケーション勉強会では、こんなテーマを取り上げてみました。

「ムカつく上司の言葉」活用法!!

上司の言葉・・イラッとくることありませんか?
イライラしただけで終わるなんて勿体ない!
今年のうちに、あまり心地よく無い言葉を、自分のためになる聞き方をする方法、身につけませんか?
1年の締めくくりとして、金井コーチと目一杯頭を絞ってコンテンツを考えました。

是非ご参加下さい。

お申し込みは、こちらから↓
12月1日 第7回コミュニケーション勉強会 「ムカつく上司の言葉」活用法


Twitter、Facebook、Path・・その温度の違い

こんばんは。吉田裕美子です。

最近、出遅れぎみですが、Pathを試しに使い始めました。

Pathを猛烈にざっくりと説明すると、モバイル系端末をメインとしたソーシャル・ネットワーキング・サービスで、ある程度限定された人との繋がりを重視したサービスと言えるかと思います。

これまで、それほどその違いを意識していませんでしたが、こうしてTwitter、Facebook、Pathの3つを使い比べてみると、「繋がり感」が本当に違うんですね。

Twitterは、まあ、ひとまず大衆に投げる・・という感じ。距離感はとても遠い。繋がってるという感覚は私自身はありません。

Facebookは、知り合いに向けて投稿しているけれども、タイミングなどによっては見てない場合もアリですよね。距離感は、「中程度」。割合と繋がってる感はあります。

Pathは、まだ繋がっている人が少ないのことも理由の1つではありますが、友達の状況が手に取るように分かるし、距離感がすごく近い。繋がり感「大」です。これはUIのなせるワザなんだろうなぁと感じます。

Twitter、Facebook、Path、いずれもSNSですが、どういった範囲に対してコミュニケーションを取るかで、伝わってくるリアリティさ・・ある種の「温度」のようなものが全く違うということを感じた訳です。

さて、今日はここでアプリの設計についてお話しするつもりなのではありません。
私たちは、言葉として発したことは、相手になにがしかの形で伝わったに違いないと思ったり、伝わって欲しいと願うことが多くあるかと思います。

より効果的に伝えるために「コミュニケーション・スキル」を学ぶセミナー、Y2研究所でもご提供していますが、その一方で、最近、私が感じるのは、人に何かを伝えるためには、スキルだけでは補えない点も多くあるとうことなのです。

例えば、上述の「どういった範囲に対してコミュニケーションを取っているのか」ということを意識することはとても大切です。
50人の前で話した事と、10人のグループに対して話した事、全く同じ内容を同じトーンで話したとしても、受取手に伝わるものの量が変わること、想像しようと思えばできますよね。

更にこれが、1対1だったらどうでしょう?

伝えたいのに伝わらない。
セミナーで学んだことが活かされているだろうか?

もし、そう感じたら、今どのくらいの範囲に対して伝えているか?その「範囲」は適切か?と一度確認してみて下さい。
もしかすると、今必要なの、その「伝えたい人」をお茶さそってみることかもしれません。


ホーム > Blog

サイト内検索
Twitter
Feeds

Return to page top

ご利用規約 個人情報について

Get Adobe Flash player