Home > Blog

2つの社会が生み出す不都合なこと(1)

こんにちは。吉田裕美子です。

前回の記事を書いてから、1週間以上経っちゃいました。orz
全く手をつけていなかったのではなくて、文章が冗長すぎてボツに・・。伝えたい事の中心部をシンプルに書くというのは難しい事ですね。

間が空いたので、ちょっとおさらいです。
Y2研究所のサービスを提供している思い、なぜこのビジネスをしているか・・を先日から書き始めています。

最初の回で、日本には、2つの社会があるように感じる・・と書きました。生活者のいる社会と、ビジネスの場の社会。それぞれが個別に最適化しようとしているように私には見えます。

2回目では、私は、息子が大きくなったときに、「お母さんが働いていてくれてよかった」と言ってくれるような仕事をしたいと思っていることを書きました。そのためには、息子だけの幸せを願うのではなく、息子の周りに居る人が幸せになる必要があるのです。言い換えると、息子の世代が社会人になったときに、今よりも暮らしやすくなっている事・・。そんなことが目標になりました。

この2つは、別々に感じた事なのですが、私は徐々にこの2つが共通の目標に繋がることが分かって来ました。

どう繋がるか・・は少し後にして、まずは、「2つの社会」があることで起きている、不都合な事について書いてみたいと思います。
(2回目の記事を書いた時点では違う事を書こうと思ったんですが、まあ、その辺はお許しを・・)

ちなみに、不都合な事は、私が考えるに、大きく分けて3つあります。

人材に関する事、ビジネスの発展に関する事、そして、格差です。

今日はまず、人材に関する事・・「人材育成」について書きます。

2つの社会となっていることで起きている現象:人材育成編

「人材育成」という言葉を聞くと、企業で提供される教育プログラムのようなものを連想しますよね。
私もまさにそのジャンルの中に居ます。

そして、こんな言葉をよく聞きます。

「スタッフは、言った事はちゃんとしてくれるんだけれども、1つ1つ指示しないとできないんだよ」

「本人は、十分やっているように感じているみたいだけど、外から見ると全然足りてないんですよね」

「どうも若い人たちがみんな自信がないみたいに感じるんです。」

「協力し合う関係が無いんです。コミュニケーションも苦手なように感じます。」

もし、若いスタッフの方々にこれらの事柄が伺えると感じるなら、それは何が原因なのでしょうか?
突然が社会人になってガラリと人が変わる訳がありませんから、その前に何かしらの原因がありそうですよね。

そう考えると、こんな言葉もよく聞かれます。

「学校教育が・・」

「最近の親は・・」

「子どもの遊び方や生活習慣が・・」

子育ての場、学校・・に問題があるのでしょうか?
確かに、今、学校も子育ての場も、いろいろな問題があると思います。

そして、それは今に始まった事ではありませんね。
なかなか問題が解決しないのは何故なのでしょう?

それは、大きく分けると次の2つによるものの様に感じます。

(1)子ども、あるいは若い人が育つ環境がどのように変化してきていることがビジネス側に伝わっていない。
(2)子ども、あるいは若い人が育つ環境がビジネスのニーズについて来ていない。

(1)に関しては、客観的な数値データで見てみるべきだと思い、いくつか検索してみました。

2012年6月4日にシチズンホールディングスが「親子のふれあい時間調査」というのを発表しています。
http://www.citizen.co.jp/research/time/20120604/index.html

こちらの調査によると、小学生の子どもを持つ共働き夫婦は、5年前と比較すると、子どもと一緒に過ごす時間は平均19分減少しているが、会話する時間は平均6~7分増えているとしています。

このデータで気になったのは、「平均値」で見ている事です。

確かに平均してしまうと、過ごす時間は減っていて、会話する時間が増えていますが、ばらつきはどのようになっているのでしょう?

もう少し詳細なデータを探してみたのですが、見つかったのは、少し前のデータでした。偶然にも、シチズンが5年前と比較しているので、ちょどそのあたりになる2006年のこちらのデータを見てください。

Benesse 教育研究開発センター「調査データクリップ!子どもと教育」
http://benesse.jp/berd/data/dataclip/clip0005/index2.html

こちらの

【2-4】親子の接触時間は減少傾向、父親の23%はほとんど接触なし

を見てください。

(ちなみに、元データは、こちらだと思われます:
「家庭,地域の変容と子どもへの影響」(内閣府、『子ども・若者白書(旧青少年白書)』)
http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h20gaiyouhtml/html/gtoku.html

平日に子どもと接触がほとんどない父親が23.3%です。30分以下の割合を合計すると59.9%。つまり、4人に1人のお父さんは、顔を見るのもまれ、半数のお父さんは30分以下の接触時間です。帰って来て、30分。会話をするというほどできないですね。

お母さんは1時間〜2時間の接触がある人が多いですが(約50%)、女性は家庭内に居ると家事などいろいろな仕事があります。子どもとじっくり向き合っている時間がこの中にどのくらいあるか・・と考えると、お父さんとあまり変わらないのではないかと思います。

この状態から、「平均して6~7分増えた」という結果が何か良い意味があるのか、私は疑問を感じます。

更に、2006年のこのデータで対象となっているのは、9歳から14歳の子どもを持つ親です。
思春期の難しいタイミングに入って来ていると同時に、子どもの自律に大切な時期でもあります。

限られた時間の中で親との会話はどんな内容になるでしょう?

その状況を踏まえた上で、考えてみたい事があります。

今の日本の学校や社会の中には、「管理者責任」を強く問う傾向があるように感じます。もちろん親は子どもの管理監督をする義務があるのは当然のこと。その点から逃げてはいけませんが、これほどまでに親が子どもと関わる時間が限られている中で、世の中から発せられるメッセージが、「お母さん、ちゃんとしてください。」だとしたら、それ自体はあまり良い影響を及ぼさないように思います。

時間がない。
管理者責任を世間や学校から問われる。

当然、親は、子どもを厳しく管理する傾向になってしまいます。

その結果、子どもは、指示に従う傾向が強くなります。
意見を持つより、大人の言う事にちゃんと従う方が良い子なのですから。

自分で考えて決める、そして行動することに慣れていない子ども達は、何をするのも「誰かの正解」を求めるようになります。「自信がない若い人が増えているようだ」というのは、こういった所にも一因があるように私は感じています。

自信を持って行動するというのは、自分で考えて、自分で決心し、行動しても良いという許しを自分自身に出せることと強い相関関係にあるからです。

上述(2)のビジネスニーズは、こういった状況の真反対にあります。
でも、今、子ども達、若い人達が育つ場には、好ましい環境を作りにくい状況があるのは、上述のデータの通りです。
そして、その好ましい環境を作りにくい理由は(1)があるからです。

仕事で帰りが遅くなる。

たったそれだけ(と言っていいのかどうか分かりませんが)の事ですが、その余波が巡り巡って、大切な人材を台無しにしているとも言えます。

どうすべきでしょうか?
1つの社会にするために、今何をすべきか。私は私なりの答えが出て来ました。でも、その内容はもう少し後に取っておいて、皆さんご自身の答えも考えてみていただきたいな・・と思います。

次回は、2つの社会が生み出す不都合なこと(2)を書きたいと思います。

(つづく・・)


息子との約束

こんにちは。吉田裕美子です。

昨日から、私がこの仕事をしている「理由」を書き始めました。
正直こういう「胸の内」を公共の場所に書くというのは勇気が要りますね。
Publishボタンを押す時、かなりドキドキしました。(^^;;

ありがたくも、「続きが楽しみ」とおっしゃってくださった方もいたので、続きを書こうかと思います。
(誰も読んでくれなくても、書きますが・・汗)

自分を納得させるために・・

「どちらの社会に所属するの?」

という自問自答がありつつも、私は幸運にも子どもを産むことができました。

臨月まで仕事をしましたが、産まれてからは、復帰のタイミングを決めかねて、あっという間に2年が過ぎていました。

子どもが産まれてみると、毎日の変化がものすごくて、これを見逃したら損!!という感覚と(笑)、息子が猛烈な人見知りで、そばに居てあげたいという気持ちがわいてしまったのでしょうね。保育園に入れることは考えませんでした。

でも、息子が2歳の時、

「吉田さん、そろそろ仕事を再開しませんか?」

と、お客様の方からありがたい言葉をかけていただき、仕事を再開する事になりました。

2年も休んでいましたから、技術者としては、相当なブランクです。

その一方で、息子は2歳。
猛烈に手がかかるタイミングです。

後から思えば、新生児の方がむしろ楽で、2歳、3歳は、最も大変な時期と言えます。

どうしよう・・できるのかな?という不安は多少ありましたが、気持ちは決まっていました。

このチャンスを活かさなければ!

でも、そう考えていると、横に涙目の息子がいるわけです。
母性が私をグラグラ揺するのは、当たり前と言えば当たり前の事です。

グラグラしながら仕事をするというのも精神的によろしく無いので、私は1つ、息子と約束をすることにしました。
(と言っても、まだ2歳ですから、私の方からの勝手な約束です。)

息子が大人になったときに、「お母さんが仕事をしていてくれてよかった」と言ってもらえる仕事をしよう。

この一点だけを守ろう。そうすれば、今何か後ろめたい気持ちになっても、自分を納得させる事ができる。
そして、仕事に復帰する事を決めたのです。

「あなたがこの仕事をしてくれてよかった」と言われる仕事

それって一体どんな仕事なんでしょう?

まだ2歳、3歳の小さい頃には、私が仕事をすることで息子にとって良い事なんてそんなに無いかもしれません。
でも、大きくなったときに、「ああ、お母さんが〇〇していてくれたおかげで、とても良い事があった」と言ってもらえること。

この問いが心の中にありながらも、私は、何をすれば良いのかも浮かばず、元していた開発の仕事にもどったのです。

確かにITのシステム開発も、「世の中を良くする仕事」の1つと言えるでしょう。
でも、「お母さんがしていてくれて・・」とまで言えるか?というと、私の技術的な能力ではそんなことは無理です。
ザッカーバーグ様の息子なら言うかもしれませんが、吉田裕美子の息子がその台詞を言うのはあり得ません。

そんな時、私は小学校4年生のときに、担任の先生が教えてくれた事を思い出しました。

「人間という字は、人の間って書くだろう?人間は誰でも1人で生きて行く事はできないんだ。その事をよく覚えておいてほしい。」

4年生の終業式の日、次の学年はクラス替えで担任も変わる・・という時に、担任の井関先生が言った言葉を私は頭の片隅でずっと覚えていました。

「ああ、息子は1人では幸せになれないな。」

そう考えるようになりました。
その前までは、無意識に「息子の幸せの為に何をしよう」と思っていたところがありました。

考え方が変わったのは、偶然ではなくて、周りのママさんたちに猛烈に沢山助けられて、人見知りな息子が少しずつ外に出て行けるようになるのを肌で感じる中で、息子の周りがどんな環境か・・ということがとても重要だということに気づいたのです。

どんなに彼自身が成功するよう、親が努力したとしても、その周りの人がHappyで無ければ、彼もHappyにはなれないでしょう。
逆に、Happyな人に囲まれていれば、彼自身が多少どうであったとしても、Happyな人生を送れるはず。

「お母さんが働いて来てくれて良かった」と言われる仕事。
それはきっと、息子の周りを幸せにすることなんだろうな・・。そんな風にぼんやりは考えましたが、まだ「コレ」ということは思いついていませんでした。

何をすべきか・・を気づくまで、その先何年か、かかってしまいました。
その間、LLPを作って失敗したり、1年のうちに肺炎を2回も起こしたり、まあ、すってんばったんの時を過ごしていたのです。

でも、LLP設立で失敗した事が、私に大きな転機をもたらしたと言えます。

次は、その辺りから書こうかと思います。
(つづく・・)


違和感の理由を見つけたとき

こんにちは。吉田裕美子です。

Y2研究所では、コーチングや組織開発、プロジェクトや会議のファシリテーションをご提供しています。
私、吉田は、「人が動きだしたくなる場を作り出す」ことを得意としています。
具体的には、コーチングやファシリテーションのスキルを使いつつ、組織内で人の動きが活発化するようお手伝いさせていただいています。

これは、私が「何をしているか」、つまり、”What I do” の部分です。

これから何回かに分けて、なぜ、これをしているか・・つまり、”Why I do” の部分を書いて行きたいと思います。

特にライティングが上手い訳でもありませんし、現時点ではどうまとまるのか見通せずにいますが、書く事で自分自身に今一度けじめをつけたい気持ちがあります。
よろしければ、お付合いください。

私の中にずっとあった違和感

以前、私は、システム開発の仕事をしていました。
かれこれ15年ほど、ITのシステム開発の現場で仕事を続けて来たのですが、少し経歴が変わっていて、元々は、エンドユーザー(システムを使う人や企業)のシステム管理部門でシステム化のプラン作りから、実際の開発、プロジェクト管理、導入、ユーザートレーニングなどを一手に引き受けていました。

尋常ではない作業量でしたが、とにかく楽しくて、のめり込んでいた時期でした。

「猛烈に働く」ということが、「猛烈に楽しい」時期でした。

そういう時期があっても良いのだと、今も思っていますが、ずっとそれを続ける事が難しい事も、今は理解しています。

それは、私自身が女性であるということも、理由の1つです。

仕事を続けたい。
では、子どもはどうしたものか?

私は母親になって10年経ちますが、この問いは、現在も変わらず女性の中にあるような気がします。
つまり、少なくとも10年、あまり状況は変わっていないのです。

でも、結果として私は母親になりました。

世の中では、保育園が足りないから女性が働きに出られないという話があります。
男性が、家事や育児を手伝わないからだ・・という話もよく聞きます。(^^;;

これらがあったら、私は迷わずに、もっと早い時期に子どもを産んだだろうか?

私の答えは “No” です。

でも、その “No” の理由が明確に見つからなかったのです。

私は、子どもが小さい頃はそばにいたいと感じていました。

「そんな風に考えなくても大丈夫だ」

というアドバイスも沢山もらいました。

「子どもに取ってお母さんは一人だ」

という意見ももらいました。

どれも「もっとも」なのですが、どこかしっくり来ないのです。

子どもが2歳のときに、仕事には復帰出来ましたが、ずっと私はその点に「違和感」を感じ続けたままでした。

ある時気づいた、「2つの社会」

そんな違和感を抱いたまま、私は開発の仕事に戻りました。
お客様の暖かいご支援があって、私は子育てしながら、開発も続けられる環境を得る事ができました。

でも、自分の中に、「十分に仕事ができていない」という感覚は少なからずありました。
同時に、「子どもにももっと時間が割けたら良いのに」という感覚や、「男の人はいいな・・割り切れて」という夫に対する嫉妬心もありました。

これらは、すべて、私のふがいなさから来る「ダメな」感覚なのではないか・・という意識がずっとあったのですが、ある時、ふと、何か私にそう「感じさせるもの」があるのではないか?と考えるようになりました。

その後、今身近に起きている「好ましくない現象」をあれこれつなぎ合わせて考えて行くうちに、「日本には2つの社会」があるのではないか?と考えるようになったのです。

社会の1つ目は、こんな言葉で表現されます。

・大学を卒業して、「社会」に出る
・子育てで、「社会」とのつながりが無くなる。

この時の「社会」はビジネスの場という意味ですね。

日本のビジネスの場は、「仕事をなるべく多くこなして、多くを生み出す」ことに、非常に注力しています。
「多くをこなして、多くを生み出す」ことが大切になっているのです。

もう1つの社会は、こんな風に表現されます。

・企業の社会的責任
・社会起業家

この場合の「社会」は、「生活者の居る場」を意識している場合が多くあると思います。

無意識に使う「社会」という言葉ですが、同じように「無意識」に私たちはこの2つを分けて最適化しようとしているように感じます。

ビジネスの場では、上述のように「多くをこなして、多くを生み出す」。
その為には、沢山働く事が必要です。

では、生活の場は、どうなるのでしょう?
当然、ビジネスの場に居る人たちは、生活の場での関わりは最小限にとどめざるを得ません。
でも、そうは言っても、子どもがいたり、介護が必要な親もいたりするかもしれません。
そこに手は当然回りませんから、「専門家」にお願いする事になる。

それが保育園であるかもしれませんし、家事代行や、その他のサービスかもしれません。
学校の事は、学校内で解決してほしいと当然思います。
地域内での活動などまで、手が回るはずがありません。

逆に生活の場だけにいる人もいます。
専業主婦の方々だけでなく、小中学校もある意味そうでしょう。

ビジネスの場と、生活者の場は、どちらも私たちが必要とする場にも関わらず、大きく隔たっていて、それにより、この間の情報は「生」では伝わりにくくなっています。

私は、子どもを持って初めてその事に気づきました。
どちら側から見ても、反対側の情報はなかなか伝わらないのです。

それは、ニュースや雑誌、ネットから入ってくる情報と「生」の情報に、大きな温度差があるのと、その場に関わりがない事で、「当事者」であるという意識が芽生えにくいからだと思います。

今、日本は長い不景気の中にいます。
景気を回復しようとすればするほど、ビジネスの場は、その中での効率化を目指す方向に行くのは仕方の無い事かもしれません。
それにより、生活の場は生活の場で効率化をなんとか目指そうとしています。

ここに大きな部分最適が発生しています。

「あなたは、どちらの社会に所属する人ですか?」

私が子どもを欲しいのかどうか・・と迷った理由は、当時ビジネスの場にどっぷり浸かっていた自分から、こんな問いかけを自分自身に突きつけていたのではないかと、ある時気づいたのでした。

(続く・・)


人材育成っていつから?

こんばんは。吉田裕美子です。

私は、企業研修やコーチングで企業の人材育成に携わりますが、人事担当の方のお話を聞くたびに、「母親」でもある自分自身と、母親だからこそ知り得ていることがチラチラと頭をよぎります。

企業の人材育成担当の方が、「最近こんな現象が起きているのです」と言われることは、たいていの場合、子育てや教育の現場でそうなるようになっています。

人は社会に出てから急に変わる訳ありませんから、当然なのですが、多くの企業で似たようなことが聞かれるにも関わらず、なかなか根本原因から解消される事がありません。

主体的に動く人を

自分で考えて動く人材を

コミュニケーション力、プレゼンテーション力のある人が必要

どれをとっても、20歳を待つ必要の無い教育内容です。

しかも、これらを各家庭で少しずつ行って行けば、その効果はどのくらいのものになるでしょう?

と、そこまで考えて行動しない訳には行きません。
大それた大改革を行わなくても、自分の周りからできることは、必ずあるものですから。

Y2研究所では、ビジネスとしての活動とは別に、「みらいを育てる会」という団体を運営しています。
ここでは、小学生以上の子ども達の考える力、伝える力を育てる活動をボランティアで行っているのですが、今日はその事例紹介と、その中から学べる事柄を解説するセミナーを開催しました。

この活動については、こちらのブログに書いています。

子供の考える力を伸ばそう!:練馬区光が丘「みらいを育てる会」

ITシステムの開発に長く関わって来た私は、「全体最適」という視点がいつも気になります。
この活動は、私の視点から見て、人を活かす社会になっていくための全体最適への一歩なのです。


ホーム > Blog

サイト内検索
Twitter
Feeds

Return to page top

ご利用規約 個人情報について

Get Adobe Flash player