Home > コーチング | Blog > 「今までで一番充実した一年」を手に入れる方法

「今までで一番充実した一年」を手に入れる方法

今年のコーチングセッションも、後1件ですべて終了します。

今年は、さまざまな出来事があり、クライアントさんの気持ちも浮き沈みが激しかった1年だったのではないかと感じていました。浮いたり、沈んだり・・があったとしても、皆さん確実に歩みを進められていて、私の方がたくさんの刺激を頂いたような1年間でした。

先日、今年最後のセッションを終えたクライアントさんが、こんなフィードバックをくださいました。

#ご本人にご了解いただきましたので、共有させていただきます。

今年は今までの中で一番充実した1年でした。
これまでも、「充実感」を感じることはあったけれど、それは外からの影響が多くあったように感じます。
周りに楽しい出来事があれば、その時は楽しく感じた・・という具合に。
今年は、自分で考えて、主体的に動くことで自分で得た充実感だったんです。
これからやりたいことも沢山見えてきたし、本当に充実していた。

「充実感」とはどういうもの?

便宜上、このクライアントさんをAさんと呼びます。

Aさんは、「充実」という言葉を繰り返しおっしゃっていました。
人はどういうときに「充実」した感覚を得て、
どういうときに、「物足りなさ」を感じるのでしょうか?

今年は、決して明るいニュースが多い年ではなかったことはご承知のとおりです。

日本がこのように暗いニュースに包まれているときに「充実した1年だった」と言い切れるAさんは、どのような1年を過ごしてきたのでしょう。
傍らでコーチとしてAさんの行動を垣間見てきた身として、「なるほど」と感じることがあります。

それは、上述のAさんの言葉にあるとおり、「自分で考えて、主体的に動くことで、充実感を得た」ということなのです。

すべては、自分が選んでいる

当たり前のことなのですが、自分の行動は自分にしか選ぶことができません。

でも不思議なことに、人は時々不可抗力で「ある行動」を選ばざるを得なかったような表現を使うことがあります。
または逆に、「選ぶことができなかった」ということもあるでしょう。

「この仕事は好きじゃないけど、仕方なくやっている。」

「仕事が忙しくて、資格試験が受けられなかった。」

「家が遠いので、イベントに参加できなかった。」

いろいろと、「仕方ない」理由というのはあるものです。

でも、よーーく考えてみると、「仕方ない」と理由付けしているのも、そう思いながらやっていたり、あきらめたりしているのも、実は自分なんですよね。
あー、私自身こう書いて耳が痛い気持ちです。

夏バテ - 写真素材
(c) 丘の写真館「ヒューゲルラント」ストック写真 PIXTA

行動した「結果」としてやってくるものが「充実感」

人生はなかなか変えられない・・
どうしたら、充実感を得られるのだろう??

「充実感」や「達成感」

そういうものを求める人は多くいらっしゃると思います。
それ自体、何の不思議も無いことです。

「どうしたら充実した1年とすることができるのか?」

もしかすると、そう考えた時点で、充実した年とすることは難しいのかもしれません。

なぜならば、

「今年は充実していたなぁー」

と感じるのは、何かをした「結果」として感じることであって、「充実感」そのものを目指しているわけではないはずだからです。

Aさんも「充実させるぞ!」と思って今年1年を過ごされたわけではないと思います。

でも、ある時点から、行動力がグンっと上がったのを感じました。

それと同時に、使う言葉が変わってきました。

「なんだか毎日楽しい」

そんな言葉が毎回出るようになったのです。

「やればできるような気がする」

新しいチャレンジするとき、よくAさんが言うようになった言葉です。

すべては、自分の得たいもの、成りたい状態をめざして少しずつ行動し、その積み重ねが生み出した「結果」なのです。

自分の人生のハンドルを握る。

そのために、Aさんは「コーチング」という時間を活用していらっしゃいます。

来年こそ、人生を充実させませんか?

Aさんの行動力を上げるために、私は何か特別なことをしたわけではありません。
コーチングは、主にクライアントさんにご自身の考えていることを話していただくサービスです。

私が問いかけて、クライアントさんが答える。
答える・・といっても、一言ポロっと答えるのではなく、考えていることを外に出してもらう感じです。

このときに、潜在的に考えていたことが言葉になって出てくることがあります。

これを「気づき」と呼んだりもします。

「考えていること」を言葉にしようと思うと、非常に漠然としていて、どうも要領を得ない・・何か釈然としない・・そんな風に感じられることがあると思います。

「考えている」状態だと、まだ曖昧なところがとても沢山あるのです。

言葉にして出してもらって、具体化していくと、頭の中で考えていたことがかみ合わさって具体化されていきます。
具体化されていくから、行動につながっていくのです。

主体的に行動する。その結果が充実感となる。

来年も、「充実した1年だった」とおっしゃってくれるクライアントさんが増えていくことを願って、私自身も自分で考えて、主体的に行動していきたいと思います。


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.y2lab.net/2011/12/26/1341/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
「今までで一番充実した一年」を手に入れる方法 from すべての組織に活気あるディスカッションの声を:Y2研究所

Home > コーチング | Blog > 「今までで一番充実した一年」を手に入れる方法

サイト内検索
Twitter
Feeds

Return to page top

ご利用規約 個人情報について

Get Adobe Flash player