Home > Blog > どの国のアプリケーションを使用しているか?

どの国のアプリケーションを使用しているか?

23日(土)、「ふりろぐ」というダイアローグの会を行いました。

その席で、どこの国アプリケーションを使用ているか・・という話題になりました。

このブログでもMindMeisterに関する記事を書きましたが、
改めて「外国産」のWebアプリってどの国のものなのか
あまり意識していないかったなーと感じたので、
ちょっとここで「国名」にこだわってみようかと思います。

レンタル サーバー:アメリカ
ToDo管理:ポーランド
マインドマップ:ドイツ
Webクリップ:アメリカ
バージョン管理:オープンソース
オフィス スイーツ:アメリカ??いろいろ使ってるかも
ソース コード エディタ:オープンソース
FTPクライアント:日本
ソーシャルブックマーク:アメリカ
Twitterクライアント:イギリス・・なのかな?

ここまで調べてきて感じました。

「どこ産か」というのは、ユーザーにとって重要度の低い事であると。

サイトを確認しても「本社」なんてものがあるのか無いのかも分かりませんし、
きっとアプリを作ったエンジニアは世界中にいるんじゃないかと思われるし、
UIが日本語になっている場合もありますが、
それ以外のページやドキュメントは英語なので、
「国名」をにおわすものが何もありません。

そう考えると、最初から英語でアプリケーションや各ページを作りさえすれば、
当然世界中がお客様なわけです。

もう、日本の「どこか」ではそうなっているんでしょうか?

英語でアプリを作って、日本語にローカライズする・・

そんな風な体制を作りたいベンチャーさんがいたら
英語面で応援したいな。
今すぐにでも!


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.y2lab.net/2010/10/26/470/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
どの国のアプリケーションを使用しているか? from すべての組織に活気あるディスカッションの声を:Y2研究所

Home > Blog > どの国のアプリケーションを使用しているか?

サイト内検索
Twitter
Feeds

Return to page top

ご利用規約 個人情報について

Get Adobe Flash player