Home > Blog | ITプロジェクト > 私は社内政治より、コードを書きたかった。

私は社内政治より、コードを書きたかった。

「いきなり」なタイトルですが、以前、某企業内で社内SEの様なシステム・アドミニストレーターの様な・・IT関連なんでも屋をしていたころ、私が感じた正直なところです。

ある業務に関するシステムを構築する話が持ち上がりました。
私は「何でも屋」として各担当部署のヒアリングからスタートすることにしました。

ヒアリング・・

それは、業務フローを見直すと同時に、「社内政治」をどうまとめあげるかという事でした。

とはいうものの、相手にするのは、みな私より上のポジションにいる人ばかり。
平社員の私が、課長、部長クラスを相手になんとかまとめていかなければなりません。
辛かった。
でも、このプロジェクトは本当に多くのことを学ばさせてくれました。

随分後になって、人を動かす「コミュニケーション」というキーワードと、当時のプロジェクトが頭の中で結びつきました。

その後、ベンダー側での開発を経験しましたが、うまくいくプロジェクトと、何かしら問題があるプロジェクトがありました。

これも、キーとなっていたのは対エンドユーザー、またはベンダー内での「コミュニケーション」でした。

「CIOの育成」といった言葉をよく聞きます。

企業側に素晴らしいCIOが居れば、企業のIT化は格段に進むのでしょうか?

私は依然としてコミュニケーションがキーだと思っています。

それも、社内の人間でもなく、ベンダー側の人間でもなく、中立な立場で公平にものを見ることの出来る人、コミュニケーションを下支えする人・・。

コードを書きたかった私は、あれから随分たくさんのコードを書くことができました。
今は、コミュニケーションのプロとして、プロジェクトの進行を支えて行きたいと思っています。

ベンダーに問い合わせる前の段階での話し合いのファシリテーション(司会・進行)も承っています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.y2lab.net/2010/09/29/261/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
私は社内政治より、コードを書きたかった。 from すべての組織に活気あるディスカッションの声を:Y2研究所

Home > Blog | ITプロジェクト > 私は社内政治より、コードを書きたかった。

サイト内検索
Twitter
Feeds

Return to page top

ご利用規約 個人情報について

Get Adobe Flash player